| ホーム | 当センターについて | 南相馬市とは | センターアクセス | 会員募集 | 


移住相談・申込み
滞在施設(農家民宿)
IJU体験談
Q&A
お問合わせ
 

 南相馬市ふるさと回帰支援センター 

 〒975-0033
 福島県南相馬市原町区高見町
 二丁目30-1
 道の駅「南相馬」観光交流館

 TEL:0244-24-5555
 FAX:0244-24-5555
 mail:iju@msouma-furusato.jp
 
 営業時間 午前9時〜午後5時
 
   但し、お正月は除く

 
 南相馬市は、福島県の北東部太平洋に面した、阿武隈高地の裾野に広がる海洋性の穏やかな気候に恵まれた街です。台風も余り来ることが無く、災害に強い地域です。
 現在の南相馬市は、平成18年1月1日、旧小高町、旧鹿島町、旧原町市の1市2町が合併して誕生しました。南相馬市の位置は、福島県浜通りの北部で太平洋に面し、面積は398.5平方kmです。東京からの距離は292kmで、いわき市と宮城県仙台市のほぼ中間にあります。
 
 国の重要無形文化財に指定されている相馬野馬追が有名で、市内の北泉はサーフィンのメッカとしてサーフィンファンの間では知られています。
 南相馬市原町区には、関東大震災を最初に世界に伝えた電波塔がありましたが、老朽化などから1982年に解体されました。200mの電波塔は当時アジア最大の建築物で、現在は市内原町区に1/10の記念塔があります。

 相馬野馬追について  医療・福祉について
 生涯学習施設・スポーツ施設について  南相馬市の生活手続きについて
 南相馬市であそぶ  歴史・文化
                       
>>南相馬市へのアクセス方法はこちらからどうぞ
    ゆとりある暮らし
 海と緑あふれる自然に恵まれた南相馬市には、原町シーサイドパークやハートランドはらまちで気軽にレジャーやスポーツ、農業体験ができ、子供から大人まで自然に親しんでいます。
 また、「南相馬市民文化会館(ゆめはっと)」や「小高浮舟文化会館」では、芸術文化活動など多彩な催しが行われ、市民のみなさんが活躍するなど、快適で心豊かに暮らせる環境重視の市です。

   健やかな暮らし
 南相馬市には、地域医療の中核である「南相馬市立総合病院」をはじめ、医療提供施設が設置され、良質な医療サービスの提供を行っています。
 また、老後を安心してすごすために介護老人保健施設、介護老人福祉施設や在宅サービスを提供するための事業所も設置されています。
 保健(福祉)センターでは、住民健診や健康相談などが充実しており、市民の健康増進が図られています。

   安全快適な暮らし
 市街地には、大型ショッピングセンター、スーパー、ドラックストア、ホームセンター、コンビニエンスストア、銀行などがあり買い物にもとても便利です。
 また、良好な宅地の提供を行っており移住する方のマイホームの夢を叶えやすくしています。南相馬市では、保育支援など安心して子育てと教育ができる環境づくりに取組んでいます。

   気候・人柄
 都市部から「移住」をご検討されている方は冬の雪の多さを、一番心配されると思います。それは「東北地方=雪が多い」というイメージがあるからでしょう。
 ご安心ください。南相馬市の冬の積雪日は数えるほどで、路面の凍結も少なく、屋根の雪降ろしの心配は無い地域です。
 南相馬市は浜通りに位置し、夏季は1日の気温の差が小さく、東風となる海風の影響を受けて過ごしやすい地域です。
 夏は、浜風が吹き涼しくて快適に過ごせます。また、美しい海岸が『南相馬市』には多くあるため、一年中サーフィンや海釣りを楽しんでいる人達を海岸で見かけます。
 南相馬市の降水量は、9月に最も多く、冬季に少ないのが特徴です。

 南相馬市には、一千余年の歴史と伝統を誇る「相馬野馬追」に代表されるように永い歴史と伝統、そしてと「人情豊かな市民性」が永い間培われてきました。
 気さくで面倒見が良く、おだやかな市民性が特徴です。

Copyright(C) 2009 南相馬市ふるさと回帰支援センター All Rights Reserved.